【レオス・キャピタルワークス藤野会長ご登壇回】2040年の日本経済見通しから考える事業創出のチャンス

過去20年、アメリカでは大きく成功した起業家たちが後に続く起業家を支援し、多様な新興企業が続々と誕生するスタートアップのエコシステムが進化してきました。時価総額上位企業の顔ぶれも大きく変化し、GAFAMがトップ5に入るほどになったのです。一方、日本の時価総額上位企業を見ると相変わらず「一流大手企業」が並んでいます。この違いには、日本がアメリカと比べて「変化のない社会」を選択してきたことがそのまま現れていると言えるでしょう。
しかし、著名な投資家であり自身も起業家として複数の企業を創業してきたレオス・キャピタルワークスの藤野英人会長は、「これから20年の日本の未来について明るい見通しを持っている」といいます。国を挙げてベンチャーを支える機運が高まり、起業家を支える社会的なエコシステムも機能し始める中、「事業創出のチャンスは無数にあり、『起業家版の藤井聡太・大谷翔平』が登場しつつある」「20年後の日本は、未来志向の人と、変化に備えず動こうとしない人の間の大きな格差が生じる」というのが藤野会長の見立てです。
そこで今回は藤野会長に、いまだからこそスタートアップや行政職員が知っておくべき日本経済の見通しとビジネスチャンスをつかむ視点についてご講演頂きます。ファンドマネージャーとして30年を超える運用経験を持ち8000人以上のトップと対話を重ねてきただけでなく、エンジェル投資家として20社以上に投資をし、先輩起業家としてのご経験もお持ちの藤野会長のご講演を直接お聞き頂ける大変貴重な機会となりますので、スタートアップ、行政機関・自治体、メディア等の関係者の皆さま、ぜひご参加ください。

日時 2022.10.14 Fri  14:00-15:00
会場 オンライン(Zoomウェビナー)
対象 スタートアップ、行政機関・自治体、スタートアップ支援団体、メディア等
参加費 無料
主催 (公財)東京都中小企業振興公社
イベント内容 14:00 - 14:03 オープニング
14:03 - 14:43 レオス・キャピタルワークス藤野様ご講演
14:43 - 14:58 Q&A
14:58 - 15:00 クロージング
講師 レオス・キャピタルワークス株式会社
代表取締役 会長兼社長
CIO(最高投資責任者)
藤野 英人 氏

野村投資顧問(現:野村アセットマネジメント)、ジャーディンフレミング(現:JPモルガン・アセット・マネジメント)、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントを経て、2003年レオス・キャピタルワークス創業。中小型・成長株の運用経験が長く、ファンドマネージャーとして豊富なキャリアを持つ。投資信託「ひふみ」シリーズ最高投資責任者。投資啓発活動にも注力する。東京理科大学上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、叡啓大学客員教授。一般社団法人投資信託協会理事。
募集締め切り 2022.10.13 Thu  18:00

※以下の方のご参加は一切お断りさせて頂いております。
営業活動を目的とした参加を希望されている方、営業活動を目的とした行為が見受けられる方。
そのような行為が見受けられる場合は、アカウントを強制削除させて頂きますので、ご理解の程、よろしくお願い致します。