官民連携で取り組む地域通貨による活性化~Gigi社の「人とお店と地域にやさしいビジネスモデル」~

地域活性化の文脈において、地域通貨は活性化手段のひとつとして多くの自治体に導入されてきました。加えて近年では、首都圏及び東京都23区内においてもデジタル地域通過が導入される事例もございます。一方で、コストや収益サイクルの観点から課題も多く存在し、取り組みを中止する事例も後を絶ちません。こうした背景の中で、持続可能な形での地域通貨の活用が期待されています。
今回はそうした課題に取り組む先進的なスタートアップとして「GOCHIプラットフォーム」を提供するGigi社にご登壇いただきます。Gigi社はオンラインで飲食店のメニューを送ることができるギフトサービス「ごちめし」や飲食店を企業の福利厚生として利用できるサービス「びずめし」等を展開してきました。近年ではこうしたサービスで獲得した、登録飲食店の基盤やギフト・クーポンの運用管理ノウハウを活用することで、地域クーポン・ポイントなどを運用できるプラットフォームを自治体向けに提供し、すでに数十自治体以上との連携事例をお持ちです。
前半はGigi社のサービス概要や具体的な連携事例を通して、地域通貨の諸課題に対する自治体との協業アプローチについて解説いただきます。また、地方だけではなく都市圏における取組みもご紹介いただきます。
後半は、スタートアップと官公庁が連携を促進するうえでの勘所について、パネルディスカッションを通じて議論いたします。

このイベントは終了しています。

日時 2024.01.31 Wed  18:00-19:00
会場 オンライン(Zoomウェビナー)
対象 官民連携を目指すスタートアップ、行政機関・自治体、スタートアップを支援するVC、メディア等
参加費 無料
主催 (公財)東京都中小企業振興公社
イベント内容 18:00-18:05 TUSの紹介及び登壇者紹介
18:05-18:35 講演(Gigi社)
18:35-18:55 ディスカッション・質疑応答
18:55-19:00 クロージング
登壇者 Gigi(ジジ)株式会社 創業者兼取締役 最高事業開発責任者
杉山 隆志 氏
アンダーセンコンサルティング/デロイトトーマツコンサルティングと15年間、 外資系コンサルティング会社で大規模開発プロジェクト実施・管理 や自治体IT戦略立案に携わる。その後、プロボノとして関わった福岡でのITコミュニティ活動ベースにシフト。Twitterでの街おこしの先鞭となった大名なう、福岡のコミュニティのゆりかごであるAIPカフェ、武雄市のSNS戦略などを企画・運営。現在は「地方から日本を変える」をモットーに複数事業を福岡・東京の二拠点生活を続けながら推進中。
募集締め切り 2024.01.31 Wed  12:00

※不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、または主催の事由などにより、イベントの実施が困難となった場合、当イベントを中止する場合がございますので予めご了承ください。中止の際のお知らせはメールとホームページにて行います。
※本イベントの模様を撮影した写真は、TOKYO UPGRADE SQUAREの広報資料として事前の承諾なく利用させていただく場合がございます。予めご了承ください。​