官民連携のための基礎知識~スタートアップ企業が官民連携をするための3つのポイント~

東京都と(公財)東京都中小企業振興公社は、2021年1月27日、東京におけるスタートアップ支援の拠点となる、「TOKYO UPGRADE SQUARE」を西新宿の新宿住友ビル内に開設しました。

官民連携に取り組むスタートアップが増えている中、「官民連携のメリットがわからない」「そもそも行政機関へのアプローチ方法がわからない」「なかなか事例が作れない」、といった悩みを抱えるスタートアップは少なくありません。

今回は、企業と公的支援(助成金/補助金)をつなげるプラットフォーム『クラウドシエン』
をリリースされている株式会社クラウドシエンの佐々木晃樹氏をお迎えし、官民連携をすべき理由から行政提案までにやるべきこととして、自治体の年間スケジュール・意思決定プロセス等の基本知識から行政・地域課題の把握、自治体へのアプローチ方法まで、簡単なワークを交えながら解説いただきます。
「まだ具体的に提案内容が決まっていない」「これから官民連携をしていきたい」などという方向けの内容になっております。官民連携に興味のあるスタートアップの方々はご参加ください。

このイベントは終了しています。

日時 2021.09.15 Wed  12:00-13:15
会場 オンライン(Zoomウェビナー)
対象 官民連携を目指すスタートアップ
参加費 無料
主催 (公財)東京都中小企業振興公社
イベント内容 12:00 - 12:05  オープニング
12:05 – 12:55  ご講演
12:55– 13:10  Q&A
13:10 - 13:15  クロージング
講師 【企業と支援をつなぐプラットフォーム】株式会社クラウドシエン
HP:https://crowdsien.com/
営業責任者
佐々木晃樹氏

採用コンサルティング会社で、営業企画からサポートまで行い、100社以上の導入、サポートを行う。その後、行政領域の新規立ち上げを行い、立ち上げから1年で自身で10、 事業部で40以上の導入実績を創出。GoTo関連、コロナワクチン事業にも携わる。その経験を生かし、現在では、本当に価値のある官民連携を促進すべく、行政営業の立ち上げのサポート、さらには営業戦略を考えるサポートなどのコンサルティングを行なっている。
募集締め切り 2021.09.14 Tue  18:00

※以下の方のご参加は一切お断りさせて頂いております。
営業活動を目的とした参加を希望されている方、営業活動を目的とした行為が見受けられる方。
そのような行為が見受けられる場合は、アカウントを強制削除させて頂きますので、ご理解の程、よろしくお願い致します。