Govtech最前線~行政のデジタル化最新事例~

2021年9月にデジタル庁が発足し、行政機関にもようやくデジタル化の波が到来しました。しかし、多くの自治体で依然として紙ベースの煩雑な手続きが要求される場面も多く、行政の支援の対象となる人や事業者でさえ、その業務進行の遅さに苛立つことがあります。新型コロナの影響でデジタル化が進んだとはいえ、その動きはまだまだ限定的です。

そのような中、今回は、市民の利便性を追求したデジタル行政プラットフォームを開発する株式会社グラファーの行政支援本部の及川様にご登壇いただき、Govtechの現状と行政におけるデジタル化の最新事例を紹介いただきながらお話しいただきます!

Govtech、行政のデジタル化に興味のある行政機関・自治体、行政協働に興味のあるスタートアップ、スタートアップ支援団体、VC・金融機関、大企業、メディア等の方は、ぜひご参加ください

日時 2021.12.13 Mon  18:30-19:30
会場 オンライン(Zoomウェビナー)
対象 行政機関・自治体、行政との協働を目指すスタートアップ、スタートアップ支援団体、VC・金融機関、大企業、メディア等
主催 (公財)東京都中小企業振興公社
イベント内容 18:30 – 18:35  オープニング
18:35 – 19:15  ご講演
19:15 – 19:25  Q&A
19:25 – 19:30  クロージング
登壇者 株式会社グラファー
行政支援本部
及川 涼介 氏
東京大学法学部卒。国家公務員として勤務し、マイナンバー制度に関する法令担当などを経験。株式会社グラファーでは、行政支援本部にて複数の自治体での行政デジタル化プロジェクトに従事。
募集締め切り 2021.12.10 Fri 18:00

※以下の方のご参加は一切お断りさせて頂いております。
営業活動を目的とした参加を希望されている方、営業活動を目的とした行為が見受けられる方。
そのような行為が見受けられる場合は、アカウントを強制削除させて頂きますので、ご理解の程、よろしくお願い致します。