起業家の集まるまちを目指し即戦力の複業人材を活用〜滋賀県守山市×Another works の挑戦〜

滋賀県守山市は、琵琶湖大橋の袂に位置し、京阪神のベッドタウンとして今後も人口増加基調にある人口約8.5万人のまちです。市制施行50周年を迎える現在、地方創生第二期計画の柱に「起業家の集まるまち守山」の実現を掲げ、多様な人材が集い活躍するまちづくりを目指し、さまざまな政策に取り組んでいます。

そこで守山市では、民間の複業人材と協働した起業家の集まるまちづくり推進に向け、「複業×地方創生」を推進する株式会社Another worksと2021年5月に連携協定を締結。即戦力の複業人材を株式会社Another worksが提供する複業クラウドを通して公募し、3職種4名の方を約5ヶ月間登用しました。週1回のオンライン打ち合わせや現地への訪問を通し、起業家へのヒアリングやビジョン形成の壁打ち、広報の強化を行いました。これにより、「起業家の集まるまち守山」実現に向けての基盤が整っただけではなく、現状分析と課題整理が進み、職員の意識の変化やスキルアップにも繋がりました。

今回は守山市都市経済部地域振興課係長の杉本悠太氏と、企業や自治体と複業人材を繋げる「複業クラウド」を提供している株式会社Another works 代表取締役CEO大林尚朝氏を招き、行政における複業人材登用の取り組みや、その効果について、守山市の事例をもとにお伝えします。複業人材活用に興味のある行政機関・自治体、スタートアップ、メディア等の方はぜひご参加ください。

このイベントは終了しています。

日時 2022.04.26 Tue  18:00-19:00
会場 オンライン(Zoomウェビナー)
対象 スタートアップ、行政機関・自治体、スタートアップ支援団体、メディア等
参加費 無料
主催 (公財)東京都中小企業振興公社
イベント内容 1. 事務局より本セミナーの趣旨説明
2. ご講演(対談)
テーマ:起業家の集まるまちを目指し即戦力の複業人材を活用〜滋賀県守山市×Another works の挑戦〜
登壇者:杉本 悠太 氏、大林 尚朝 氏
3. 質疑応答
登壇者 守山市 都市経済部 地域振興課係長
杉本 悠太 氏
2005年同志社大学卒業後、株式会社滋賀銀行に入行。2014年守山市役所に入庁し、企画政策課で広域連携や官民連携、行政改革等を担当。2015年に全国で地方創生がスタートして以降、現在の地域振興課に配属され、日本最大の湖琵琶湖を活用し、自転車を軸とした琵琶湖アドベンチャーツーリズムを推進。さらに、2021年より第二期地方創生に「起業家の集まるまち守山」を新たな柱に掲げる中、観光振興・起業の2つの分野で県内外から起業家、企業が集まり、官民連携で地方創生を具現化するまちづくりを推進。

株式会社Another works
代表取締役 大林 尚朝 氏
2015年株式会社パソナに新卒入社し顧問やフリーランスを業務委託紹介する新規事業に従事。2018年に株式会社ビズリーチのM&A領域の新規事業における創業メンバーとして参画。2019年5月7日に株式会社Another worksを創業、日本初の成功報酬無料のSaaS型複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」を展開中。地方創生に貢献すると同時に複業を文化として根付かせたいという想いから、地方自治体での複業人材登用を促進。創業3年で累計約750社/23自治体が導入、3万ユーザーが登録。
募集締め切り 2022.04.25 Mon  18:00

※以下の方のご参加は一切お断りさせて頂いております。
営業活動を目的とした参加を希望されている方、営業活動を目的とした行為が見受けられる方。
そのような行為が見受けられる場合は、アカウントを強制削除させて頂きますので、ご理解の程、よろしくお願い致します。