シビックテックによる課題解決~金沢シビックテックの挑戦~

少子高齢化や都市への人口集中、コロナ禍で深刻化する社会的孤立など、身近な社会問題を解決するための取り組みとして、シビックテックが注目されています。

そこで、国内のシビックテック活動の起点でもあるCode for Kanazawaの金沢で取り組まれている事業紹介を通じ、シビックテックの具体イメージをつかんでいただくと共に、課題解決に取り組む上で乗り超えた課題や、今後目指す姿など当事者からご発信いただき、今後地域課題解決に取り組まれる自治体職員やスタートアップの方々の参考にしていただければと考えております。

官民連携に興味のある行政機関・自治体、スタートアップ、メディア等の方はぜひご参加ください。

このイベントは終了しています。

日時 2022.05.17 Tue  12:00-13:15
会場 オンライン(Zoomウェビナー)
対象 官民連携を目指すスタートアップ、行政機関・自治体、スタートアップ支援団体、メディア等
参加費 無料
主催 (公財)東京都中小企業振興公社
イベント内容 12:00 - 12:05 オープニング
12:05 - 12:20 ご講演(Code for Kanazawa 福島様)
12:25 - 12:55 パネルディスカッション/Q&A
12:55 - 13:00 クロージング
13:00 – 13:15 (公財)東京都中小企業振興公社事業紹介
「オンライン活用型販路開拓支援事業」
講師 アイパブリッシング株式会社 代表取締役
総務省地域情報化アドバイザー
デジタル庁オープンデータ伝道師
福島 健一郎 氏

2009年4月にアイパブリッシングをパートナーと創業。社会課題をテクノロジーで解決することをミッションとし、特に行政DXや医療、観光、まちづくり、企業のIT化などに強い。沖縄支社も設立。
また、地域の課題をITの力で解決するために、2013年5月に日本で初めてとなるシビックテックコミュニティCode for Kanazawaを9人で設立した。開発した5374(ゴミナシ).jpは全国のコミュニティの手で130都市以上に広がり、その後も、シビックテックを国内に広げるための活動にも力を入れている。
最近では、テクノロジーを社会に実装していくことを中心に提言/事業活動をするほか、シビックテックの理念をビジネスへ活かし、スタートアップや社会起業を促進するための支援などにも注力中。
募集締め切り 2022.05.16 Mon  18:00

※以下の方のご参加は一切お断りさせて頂いております。
営業活動を目的とした参加を希望されている方、営業活動を目的とした行為が見受けられる方。
そのような行為が見受けられる場合は、アカウントを強制削除させて頂きますので、ご理解の程、よろしくお願い致します。