公民連携で挑む空き家対策~解体費用シミュレーターの取組事例について~

政府は2021年3月19日に新たな住生活基本計画を閣議決定しました。
「住宅ストック・産業」視点の目標の1つとして「空き家の状況に応じた適切な管理・除却・利活用の一体的推進」が明記され、成果指標として従来よりも高い「除却等がなされた管理不全空き家数」が設定されました。空き家問題へ取り組むことが求められる一方で、対策が進みにくい現状です。
そこで今回は、国土交通省の空き家対策モデル事業に2年連続採択され、既に30以上の自治体と空き家対策協定を締結している株式会社クラッソーネ 執行役員 山田浩平氏を招き、空き家所有者、空き家周辺住民ファーストかつ、景観維持、防犯、防災に寄与する未来につながる事例を共有いただきます。

公民連携、空き家対策に興味のある行政機関・自治体、スタートアップ、メディア等の方はぜひご参加ください。

日時 2022.09.08 Thu  12:00-13:00
会場 オンライン(Zoomウェビナー)
対象 公民連携を目指すスタートアップ、行政機関・自治体、スタートアップ支援団体、メディア等
参加費 無料
主催 (公財)東京都中小企業振興公社
イベント内容 12:00 - 12:05 オープニング
12:05 - 12:35 ご講演(株式会社クラッソーネ 山田様)
12:35 - 12:55 パネルディスカッション/Q&A
12:55 - 13:00 クロージング
講師 株式会社クラッソーネ 執行役員
山田 浩平 氏
大阪府出身。リクルートでネットワーク事業の営業、PC誌マーケティングMgr、情報サイトAll About広告営業部長、モバイル事業部長を経て退職。起業後、ネットリサーチ会社の事業部長、子会社役員を経て、東証一部上場企業 電子書籍事業の執行役員に就任。2019年よりクラッソーネに入社し、マーケティングや事業提携や公民連携を管掌。
募集締め切り 2022.09.07 Wed  18:00

※以下の方のご参加は一切お断りさせて頂いております。
営業活動を目的とした参加を希望されている方、営業活動を目的とした行為が見受けられる方。
そのような行為が見受けられる場合は、アカウントを強制削除させて頂きますので、ご理解の程、よろしくお願い致します。